bust81

30代になると加齢などによって垂れてしまう胸!おばあちゃんみたいな胸になる前にしっかりケアしてツンと上向きの美バストに変身しましょう♪

 

胸が垂れる前にケアすることが本当は重要ですが、垂れてからでもケアすることができるのも事実です。ですがバストを支えているクーパー靭帯は一度切れると元に戻りません。ですので切れる前に早め早めのケアが大切ということです。

 

今回は垂れてしまった胸を上向きのバストにするための方法をご紹介します!「垂れてしまっているけどもう手遅れなんだ・・・」と諦めないで最後までご覧ください。

 

垂れてしまったバストを上向きの美バストにする方法!

肌

クーパー靭帯が切れてしまったり伸びてしまったりすることでバストは垂れてしまいます。ですが伸びている状態であればまだ何とかなります。その方法は筋トレになります。

 

クーパー靭帯を補助するために大胸筋を鍛えましょう!!

 

クーパー靭帯と大胸筋は密接に関係していますので、大胸筋を鍛えることでクーパー靭帯を補助する働きがあります。言い換えれば第二のクーパー靭帯です。

 

それでは大胸筋を鍛える方法をご紹介します。

 

大胸筋を鍛えて垂れ改善

 

合掌のポーズ

gassyoupo-zu

合掌のポーズはバストアップ法などでも有名なので知っている女性も多いと思いますが軽く説明したと思います。

 

方法

  1. 姿勢を良くし、胸の前で手の平を合わせる。
  2. 手の平を押し合う(15秒間)
  3. 5回1日3セット

 

これだけです。これだけで効果があるの?と疑問に思うかもしれませんが、日常的に使っていない筋肉に刺激を与えることで筋肉が鍛えられます。ですので十分効果を実感できると思います。

 

デコルテ周辺のサイズアップも可能です。垂れ防止にも効果を発揮します。胸の垂れを改善するだけでなく防止やデコルテのサイズアップなどやる価値ありです。ですが筋トレになるとなかなか実践されない女性がいます。辛いこと、大変なことは避けたい・・・という気持ちはわかります。

 

ですが垂れてしまった胸をツンと上向きにするには悲しいことに筋トレしかありません(T_T)

ですので自分に負けることなく筋トレを実践してくださいね♪

 

腕立て伏せ

腕立て伏せといっても女性が比較的簡単におこなうことができる腕立て伏せをご紹介します。

それは膝付き腕立て伏せです。

普通の腕立て伏せだと負荷が大きすぎて怪我の危険性がありますのでまずは膝付き腕立て伏せから実践してくださいね♪

 

方法

1.ひざを立てて、肩幅より広めに腕を開いて床に手をつきます。(正面から見た場合、腕は逆Vの字になっているのが理想)
2.その体勢からひじを曲げながら、あごが床に着くくらいまでゆっくりとカラダを下ろす。
3.ゆっくりと元の姿勢に戻ります。

 

詳しくはこちらの動画をご覧ください!

 

今後の垂れ防止には・・・

今後のための垂れ防止にはナイトブラの着用が必須です。付けるだけで本当に効果実感できると思います。私は胸の形が明らかに綺麗になりました。

バストが受けている重力の軽減やクーパー靭帯が切れたり、伸びたりすることを防いでくれます。付けるだけの簡単なことですので試してみてください。私がおすすめするナイトブラはこれです。>>おすすめナイトブラランキング

 

 

まとめ

垂れてしまった胸を改善するには筋トレしかありません。大胸筋を鍛えてクーパー靭帯をサポートしてあげてください。それと同時に大胸筋が強化されることでバストをしっかり支えてくれます。

 

その他にもこれ以上垂れないためにナイトブラの着用も必須です!!