bust14

ダイエットは胸が垂れてしまう原因になるのをご存知ですか?知らなかったでは済まされない!!ダイエットをすると脂肪が減るので胸が小さくなるというのは良く聞きますし、実際に体感されている女性も多いと思います。

 

ダイエットで胸が小さくなってしまいますが、その他にもバストに悪影響があります。

 

それは胸が垂れてしまうことです。

 

ではなぜダイエットを行うと胸が垂れてしまうのか説明したいと思います。

 

ダイエットで胸が垂れてしまう原因とは?

ダイエットを行うことで痩せていきます。痩せることで脂肪が少なくなりますよね。バストは脂肪で出来ていますので、脂肪が少なくなることで垂れていきます。

 

袋にパンパンに水が入っていることを考えてください。パンパンに水が入っている場合は張っています。水を3分の1にすると、張っていた袋が、縮み垂れます。

 

このようなことがあなたのバストでも起こっています。バストに脂肪がパンパンある状態がダイエットをおこなうことで脂肪が減り、その余った部分の皮膚が垂れてしまいます。

 

 

もう1つの原因は筋肉が減ることです。

食事制限や運動をしないダイエットをすることで脂肪だけでなく、同時に筋肉も減っていきます。筋肉が少なくなることでバストを支えていた大胸筋や小胸筋が衰え、支える力が弱まり、垂れてしまいます。

 

筋肉が衰えることでバストを支えているクーパー靭帯に負荷がかかってしまい、垂れてしまうという二重の原因が潜んでいます。このクーパー靭帯は1度伸びてしまうとなかなか元に戻りません。切れてしまうと一生戻ることがないので日頃のケアが本当に大切になります。

 

 

さらにダイエットをおこなうことで栄養が不足したり、女性ホルモンが不足したりなどバストを大きくする乳腺に栄養やホルモンが行き届かない、栄養が足りない状態になってしまいます。そのため胸が小さくなり、垂れてしまう原因なども考えられます。

 

 

ダイエットによる垂れの原因まとめ!

  1. ダイエットによりバストの脂肪も減り、垂れてしまう。
  2. ダイエットにより筋肉も減り、バストを支える筋肉の衰え
  3. クーパー靭帯への負担増による垂れ
  4. 栄養や女性ホルモンが不足するため、胸が小さくなり垂れる

 

ダイエットによる胸の垂れには年齢は関係ない

th_woman-400574_640

10代などの若い方でもダイエットによって胸が垂れてしまいます。若い女性でダイエットをしている方はたくさんいらっしゃると思いますが、胸が垂れてしまう危険性をしっかり理解してダイエットしてください。

 

さらに食事制限だけでなく、しっかり運動をすることがポイントになります。運動することで筋肉が使われますので筋肉を付ける&筋肉を維持して体重を減らすことができるので胸の垂れを抑えることができます。

 

若い方だけでなく20代30代でも同じことが言えます。40代の女性でもダイエットすることで胸が垂れてしまうので極力運動を取り入れたダイエットをしましょう。

 

無理なダイエットは禁物

th_salad-762815_640

テレビを見ると、ダイエットの特集だったり、番組に出ている女性のみなさん痩せてますよね。モデルさんなんかも細く、「私もそのような体型になりたい」と憧れる気持ちはわかります。

 

そのためダイエットを始める女性も多いと思います。食事制限をしたい、無理をして食事を食べないという女性もいます。このよな無理なダイエットは禁物です。

 

無理なダイエットをすることで急激に体重が減り、体にも良くないですが、バストにも良くないです。垂れてしまう原因にもなってしまいますが、無理なダイエットを行うことで胸が大きくならない原因にもなります。

 

無理なダイエットをすることで、ホルモンバランスが乱れ、女性ホルモンの分泌が低下します。それによって胸が大きくなりにく体質になってしまいます。

 

特に若い10代の女性は無理なダイエットはあとあと胸が成長しない原因になりますのでやめておきましょう。後悔してからでは遅いので・・・

 

健康的な痩せ方のダイエットでも・・・

th_belly-2473_640

1ヶ月で−1キロ、合計10キロのダイエットに成功したとします。無理なダイエットでも急激に痩せたわけでもありませんので健康的なダイエットだと思いますよね。痩せていく期間や痩せた体重は健康的ですが、この痩せ方でも胸が垂れてしまいます。今回の痩せたダイエット法が「食事制限」です。

 

食事制限だけで健康的なダイエットをおこなっていても、痩せますが、同時に筋肉も減っていきます。筋肉は脂肪よりも重いので痩せたという感覚に陥りがちです。痩せてはいるのですが、これでは健康的に痩せているとはいえません(T_T)

 

無理なダイエットではないのに胸が垂れてしまった原因は運動をしないで痩せたことです。

 

長期的に徐々に体重を減らしてダイエットに成功しても、ダイエット法を間違えてしまうと胸が垂れてしまいます。

 

 

せっかく痩せて綺麗になったのに、胸が垂れてしまってはガッカリですからね。お風呂上がり痩せて綺麗になった自分の体を見てニヤニヤしているときに自分の視線に映る自分の垂れ下がってしまった見るも無残なバスト。。。。とならないためにも日頃のバストケアが大切です。

 

垂れを防ぐおすすめのバストケア

th_utukusiim

運動を取り入れる

まずはあなたのダイエットに運動を取り入れることです。運動することで筋肉に刺激がいき、消費カロリーも増えダイエットにも良い効果が期待できます。筋肉が付くことでバストを支えている大胸筋、小胸筋がバストをしっかり支えてくれます。それによってクーパー靭帯の負担も軽くなり、垂れにくいバストになっていきます。

 

ムキムキにならないか心配されている女性もいると思いますが、女性はそうそうムキムキになりませんので安心してください。

 

ナイトブラの着用

先ほど説明したクーパー靭帯ですが、バストの重み、激しい運動、日頃の生活での負担、などでクーパー靭帯に負担がかかっています。クーパー靭帯はバストを支えている靭帯でこれが伸びたり、切れたりするとバストが垂れてしまいます。

 

バストを支えているメインがクーパー靭帯でサブが大胸筋や小胸筋です。ですので大胸筋や小胸筋を鍛えることでクーパー靭帯の補助的な働きをしてくれます。一番大切にしないといけないのがクーパー靭帯なんです。

 

そのクーパー靭帯を伸びたり、切れたりしないようにするのがナイトブラです。伸びたらなかなか元にもどらない。切れたら一生修復することができませんの、ナイトブラで伸びたり、切れたりしないように心掛けてください。

 

寝ている時なども何も付けていないバストだと、無防備でクーパー靭帯に負担がかかってしまいますのでナイトブラの着用をおすすめします。

 

>>おすすめナイトブラはこちら<<